奇跡の整体術、オルゴン末梢療法の可能性とスポーツ整体 | 第1回 週末スポーツを楽しむ方へ、仕事に疲れを残さないケア方法講座

第1回 週末スポーツを楽しむ方へ、仕事に疲れを残さないケア方法講座 院長 松戸からのあいさつ 施術の流れ 予約する 施術の流れ 患者さんの声
フェイスブックへのリンク
アメブロへのリンク
■第1回 週末スポーツを楽しむ方へ、仕事に疲れを残さないケア方法講座
初回投稿:2013年12月6日
第2回>>

週末スポーツされている方のアフターケア方法を、
ここでは、少しずつ紹介していきたいと思います!

週末スポーツで、思いっきり楽しんだのは、いいのですが…………
筋肉痛になってしまうといろいろと仕事に支障をきたしますよね。

デスクワークをしている方が多い昨今、指が上手く開かないと不便ですよね……。

今回は、手のひらのケアをしたいと思います。
特に、親指と小指はケアしていただきたいですね!

親指が疲れてくると、親指の方に引っ張られる感じがするんですよ(僕の体験談)。
多分、変な風に負荷が親指にかかっていると思います。

そうすると、肩が張ってくる事がよくありました。

親指の付け根(母子球)の辺りから、親指に向けて少しずつ位置をずらしながら、
押圧(手ひらよりも手をグーにして圧をかけると、圧がかかりやすいです)で
2、3秒ぐーっとゆっくり圧をかけてゆっくり離していきます。

親指側 → 小指側 → 手ひら全体的 の流れがいいと思います。

オルゴンを用いる場合は、押圧は、オルゴン棒が僕はオススメです!
オルゴン棒の写真
手ひらを開くイメージを持ちながら、手ひらを全体的にさすってあげます。

筋肉痛は、バドミントンやった後、友人の手をケアしてあげた所、
筋肉痛の状態が100なら70くらいになったと言ってたので、効果はあると思います。

肩の張りに関しては、僕の実体験ですが、手に引っ張られている感じもやわらぎ、
緊張もほぐれた感じがしたため、スムーズに手が上がりました!

手ひらを開いて、親指の頭と小指の頭を結んだ所(中指の付け根辺り)に
労宮というツボがあるので、そこを親指で押してあげるのもいいと思います!

とても、気持ちいいですよ。

次は、手首、肘などのケア方法を紹介出来たらと思います。

寒くなってきましたので、念入りにケアしてあげて下さいね!!

せらぴーすぽっと☆オルゴン 院長 松戸 富士



せらぴーすぽっと☆オルゴン 院長 松戸のオルゴン療法で直接診てもらう方法・・・