オルゴン療法と五月病

オルゴン療法と五月病 院長 松戸からのあいさつ 施術の流れ 予約する 施術の流れ 患者さんの声
フェイスブックへのリンク
アメブロへのリンク
■オルゴン療法と五月病
初回更新:2014年4月25日
<<花粉症 喘息>>

皆さん、こんにちは!!

オルゴン療法の整体院、せらぴーすぽっと☆オルゴンの松戸富士です!!

4月の下旬になってきました。
4月下旬くらいから、社会人の方や学生さんは、ゴールデンウィークですよね!?

皆さんは、ゴールデンウィークどこか行かれますか~?

当院はオルゴン療法や整体を中心に、ゴールデンウィーク中でもやっていますので、
お休み中に体の不調を少しでも減らしたい方いらっしゃったら、連絡いただければと幸いです!!


今回は、ゴールデンウィークという事で、
ゴールデンウィーク明けになると言われている五月病についてやりたいと思います。


五月病とは 仕事や学校・転居などで生活環境が変わり、最初のうちは張り切っていたけれど
5月の連休明け頃から

・なんとなく気分が落ち込む。
・疲れやすい。
・仕事や勉強、家事などに集中できない!
・眠れない!

といったスランプ状態に陥ること。これがいわゆる「五月病」なのです。


精神的な症状だけでなく、
食欲不振や胃の痛み、めまい、動悸などの症状を訴える人も多く

新しい環境の変化についていけないあせりやストレスが、
知らず知らずのうちに体の症状となって出てくるのです。

五月病といっても、新入生や5月に限って 起きる病気ではなく、

・完璧主義で物事にこだわりがちな人
・内向的で孤立しやすい人
・過保護に育てられた人

などが五月病になりやすいといわれています。

たいていの場合は一過性の心身の不調で、
1~2ヶ月で自然と環境に慣れ、症状が良くなると言われています。


【参照】
エンパワーヘルスケア「健康Salad」、厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」

こういったのを知ると・・・皆さん、
ストレスを溜める一方で、ストレスを抜く事が出来ないんですよね。


整体の業界に置き換えると・・・
筋肉が固くなって、血液循環が悪くなってくる(閉鎖系)。
だから、筋肉をほぐしてあげる(開放系)事が必要なのです!


オルゴン療法は、筋肉をほぐすことに、優秀です!!


体全体をオルゴンリングでさすっていくのがいいんですが、
全体をやるのは、時間かかるので、ちょっとの時間でやるなら、
手→胸→軽く足までやるのがいいと思います。

少しずつでいいので、毎日ケアしてあげるという意識になるといいですよね!


なぜなら、体は毎日使うんですから、毎日ケアしてあげれば、
体の負担は、減っていくので、五月病にかからないとと思いますよ!!


では、ゴールデンウィークを楽しんでくださいね~!


せらぴーすぽっと☆オルゴン 代表 松戸 富士



せらぴーすぽっと☆オルゴン 院長 松戸のオルゴン療法で直接診てもらう方法・・・