スポーツ整体とオルゴン療法の可能性 ─── 突き指 編

スポーツ整体とオルゴン療法の可能性 ─── 突き指 編 院長 松戸からのあいさつ 施術の流れ 予約する 施術の流れ 患者さんの声
フェイスブックへのリンク
アメブロへのリンク
■スポーツ整体とオルゴン療法の可能性 ─── 突き指 編
初回投稿:2014年1月31日
<<肘の怪我 編 捻挫 編>>

皆さん、こんにちは!

せらぴーすぽっと☆オルゴン院長 松戸です!!


25日で、誕生日を迎え、26歳になりました!!


まだまだ未熟者ですが、素直に自分らしさを出しながら、頑張っていきたいと思います。


さて、今回のテーマは、スポーツ整体におけるオルゴン療法の可能性・・・

第3弾は、『突き指』についてお話したいと思います。


バスケットボール
バレーボール
ハンドボール
ドッジボール
野球(キャッチャーは特に多いみたいです)
ソフトボール
柔道
空手
相撲
レスリング
ボクシング

などなど

これらは、『突き指』しやすいスポーツです。


球技では、ボールのキャッチの際
『突き指』の危険性が高くなります。


皆さんは、『突き指』をした事ありますか?


僕は、野球を硬式野球から始めたので、グローブの扱い方が下手で、

ボールをグラブのポケットで上手く捕れなく、よく『突き指:をし、

右手の人差し指が、ずっと腫れている状態でした・・・。


指を曲げても、人差し指だけ曲がらなかったです。

こういった経験は、皆さんにもありませんか??


練習は、ほぼ毎日あったので、毎日湿布を貼って処置をしていましたが、

良くなるわけでもなく、しかもどんどんかぶれていくので、
どうしたらいいかわからず、焦っていました。


野球を辞めてからは、そのかぶれは元に戻り、突き指も治りましたが、
柔道の授業で倒された時に、左の親指を変な突き方をして突き指した事もあります。

今でも、親指に負荷がかかってくると、肩の前側の部分張ってくる感じがします。

だから、整体で揉んだり、指圧したりするより、
オルゴン療法で摩るという施療法に変えたんですけれどね。


さて『突き指』に対して、オルゴンリングでケアをすると、

一番いいのは、ガーゼ等を巻いて、その上から指輪用オルゴンリングがいいです!

『突き指』した箇所は、腫れていると思いますので、指輪が入るところまでいれる。
あまり無理して、入れる必要はないです。

とっても痛いので・・・。

他には、施療用リングで、痛む所に優しく押圧をかけてから

指先の方に流していく感じやってあげて下さい!


『突き指』もクセになりやすいので、しっかりケアしてあげるのがいいと思います。

もちろん、普段から同様なケアをすることで、『突き指』を未然に防止することもできます。

まだまだ、寒い日が続きますので、
指先のストレッチなどもきちんとやってあげてくださいね。


せらぴーすぽっと☆オルゴン 院長 松戸 富士



せらぴーすぽっと☆オルゴン 院長 松戸のオルゴン療法で直接見てもらう方法・・・