奇跡の整体術、オルゴン末梢療法の可能性とスポーツ整体

健康元気サポート せらぴーすぽっと オルゴン 院長 松戸からのあいさつ 施術の流れ 予約する 施術の流れ 患者さんの声
フェイスブックへのリンク
アメブロへのリンク
■スポーツ整体とオルゴン療法の可能性 ─── 肉離れ 編
初回投稿:2013年11月22日
肘の怪我 編 >>

こんにちは、松戸 富士です。

現在、私が取り組んでいるオルゴン療法の可能性について、自分の考察を発表していこう思い、
この記事を書いております。

スポーツをしている際に、できることなら防ぎたい怪我・・・

ただ、極めていこうものならば、誰もが通る道・・・。

そんな怪我を、オルゴン療法が有効かどうか自分なりの見解を発表していきたいと思います。

第一回目は、『肉離れ』について考えてみたいと思います。

調べてみると、筋繊維の一部裂けてしまったり、傷ついてしまっている状態だそうです。

よくわかりませんよね??

つまり、筋肉痛をひどくした状態に近いんじゃないかなぁと思っています。

肉離れは、筋肉の損傷なので、理論上はどこでもなりますが、
肉離れになりやすい部位は、ふとももやふくらはぎや上腕あたりですね。

ところで皆さんは、『肉離れ』になったこと はありますか??

僕は、高校時代に野球部に入って、三日目で肉離れになりました。

走るのもままならない状態で、自転車をこいでいても痛みが出ました。
一週間くらいして、痛みがひいて

さすがに大丈夫かなぁって思ったら、また、肉離れになりました。


・・・クセになってしまったみたいです。


しばらくは、痛みがひいたり、出たりで、しっかりケアしていれば良かったなぁって思います。

今の知識を生かしてセルフケアをするならば、
手のはらの部分(親指の根元の肉付きのいいところ)で
圧をかけ過ぎないようにゆっくり丁寧にやってあげます。


姿勢は横向きで、臀部から、膝裏まで大きく優しくさすってあげる。
もしくは、体育座りになって、膝から足の裏までさする。
少しずつですが、痛みが緩和されていきます。

オルゴンリングを使用する場合ですと、ある程度の重さがあるので、
皮膚の深い所まで、力をそんなに入れないでも浸透させる事が出来ます!


手でやる場合だとかなり圧がかかってしまって、
かえってストレスになって痛みが減るのが遅くなってしまいます。


普段からメンテナンスすることが大切ですが、
オルゴン療法によって、普段から筋肉の状態をよくしておくことで、怪我をしにくい身体が出来上がります。

僕の体験ですが、普段からオルゴンリングを利用して、セルフケアをしています。

先日、野球やバドミントンでかなり激しく動いたのですが、
次の日、筋肉痛になるだろう!
って思ってましたが、思った以上に軽く、快適に過ごさせていただきました
太ももを普段からケアしているので、よかったです。

オルゴン療法を受けていると体の緊張状態が少なくなるので、
怪我を防げる可能性は、大いにあるはずです!

ぜひ、普段からのボディメンテナンスは、せらぴーすぽっと☆オルゴンで!

せらぴーすぽっと☆オルゴン 院長 松戸 富士

せらぴーすぽっと☆オルゴン 院長 松戸のオルゴン療法で直接診てもらう方法・・・